Curiosity travel
好奇心に従って、旅をする。
旅行準備

退職後の手続き(3)住民税

2018年8月24日、1年半勤めた会社を退職しました。
退職間近になって気づくのが、「’会社に雇われていない’って大変・・・」そう、これまで会社がやってくれていた年金や健康保険、税金等の手続き・支払いを自分でやらなければならないのです!
しかも、退職理由は転職ではないので、収入が激減し、結構負担に・・・

世界一周中は、「海外転出」手続きによって住民税や国民年金の支払いの免除を受けることに決めているのですが、それまでの間は昨年の所得に基づいて計算された額を支払わなければなりません。
10月に入り、住民税の支払いについての手紙がやってきました。
今回は、その住民税について書こうと思います!

住民税とは

住民税とは、都道府県が徴収する都道府県民税と、市町村が徴収する市民村民税の総称のこと。
その目的としては、地方自治体による教育、福祉、防災、ゴミ処理などの行政サービスを行うための資金確保であり、一定額以上の収入がある人からその額に応じて徴収されます。
(参考:住民税とは https://juuminzei.com/html/juuminzeitowa.html )

通知書が届いて調べて、そっか、福祉に使われるんだったら・・・と思ったけれど、やっぱり負担が大きすぎるよ〜><次項で金額や納め方について説明します。

税額決定/納税通知書が届きました

8月末に仕事を辞めて約2ヶ月。
ある日ポストを見て見ると、「税額決定/納税通知書」が届きました。
私は今年の1月1日時点では東京都 武蔵野市に住んでいましたので、武蔵野市役所から届きました。

平成30年の市税等納期月・納期限日一覧表

このように納税期限の一覧表が入っていました。先月区役所へ行った際には口頭での説明しか受けていなかったので、わかりやすいです。
市民税の納税期限は1期〜4期に分かれており、8月末に退職した私は3期と4期を自分で払うことになります。

今回受け取った封筒には、3期・4期を納めるための「納付書」が入っていました。
金融機関やコンビニでも支払うことができます。便利ですね!

ただ、今定職がない私としては、その負担はとっても重いです。
納付書に示されていた金額は以下の通り。

 ・3期(10/31期限) 70,500円 
 ・4期(1/31期限)   69,000円

予想はしていたけれど、ボラバイトで稼いだお金以上もっていかれる。。泣
昨年の所得に応じて計算されるので、こんな莫大な額になってしまっています 泣
これを見て、なんでもいいからお金を稼がなければ・・・と思うのでした。
税金以外にも、やりたいことにはお金を使いたいし、でも旅行出発までに貯金激減させたくないし・・・ということで、昨日派遣のバイトに登録してみました。それ以外にもUberEatsとかもトライしてみようかななんて思ってます。ちょっと楽しみ。

これから、仕事を辞めようと思っている方。
特に、次の仕事までに期間が空いている方は、勢いで辞めないでください!
税金の負担がかなり重いので、ある程度の貯金があったほうが楽だと思われます。

市民税の徴収方法の種類

通知書を見ると、その内訳に「給与からの特別徴収税額」と「公的年金からの特別徴収税額」、「普通徴収税額」というのがあります。
私の場合、「給与からの特別徴収税額」が5万円くらい、「公的年金からの特別徴収税額」は0円、「普通徴収税額」は14万円くらい。
これってどういうことなのでしょうか?

給与からの特別徴収税額

私たちが特定の会社に属し、働いている時は(私で言えば、退職する2018年8月末以前)、毎月の給与から市民税が勝手に引かれています。
このように、事業者が従業員に代わり、毎月従業員に支払う給与から住民税を差し引いて納入する制度を「特別徴収」と言います。

(参考:埼玉県HP https://www.pref.saitama.lg.jp/a0209/z-kurashiindex/z-kyuyo-tokucho.html)

退職すると、特別徴収が普通徴収に切り替わり、個人で税金を納入する必要が出てきます。

公的年金からの特別徴収税額

これは、65歳以上の公的年金を受給している方の中で、住民税を納める必要のある人向けのもの。
今回は当てはまらないので、省略します。

普通徴収税額

普通徴収は、自営業者やフリーランスの方などが個人で市町村に住民税を納付する方法のこと。
会社を辞めて、すぐに次の会社に転職しない、となるとこちらの方法をすることになります。
また、退職するタイミングによっては特別徴収で残りの住民税も支払うか、普通徴収で自分で支払うかを選ぶことができます。
私は8月末の退職でしたが、会社から普通徴収を勧められ、こちらの方法で納めることにしました。
私の場合、これまで納税は会社任せだったので、何も仕組みがわからず、退職を考えた時には税金をこんなに払っている、というのも知りませんでした。
退職を考えている方は、税金について少しでも調べたほうがいいかもしれませんね。

退職して、結構重くのしかかってくる税金。
私は、このタイミングで税金のことを知ることができてよかったなあ、と思っています。
もし退職する予定のない方も、自分が知らず知らずのうちにどんな税金を・どのくらい支払っているのか、ということに興味を持ってみてはいかがでしょうか?

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村