Curiosity travel
好奇心に従って、旅をする。
India

インドビザを申請してきました

こんにちは。アズサです。
世界一周まで1ヶ月を切って、やっと重い腰を上げ、準備を進めています。
その中で、やっと、本日インド観光ビザを申請してきました。
大使館のHPは分かりづらいし、申請フォームは全部英語だし分かりづらいし、、、きちんと申請できるか心配でしたが、無事手続きを済ませることができました。

今回、申請を済ませて、事前情報と違っていた点、疑問に感じていたけど結果こうだった、という点、実際の申請時の流れなんかをご紹介したいと思います。
※詳しい申請フォームの内容の解説等は行っていません。検索すると詳しく解説しているサイトがたくさんあるので、そちらを参考にしていただければと思います。

観光のためのビザの種類

これはよく他のサイトでも紹介されていますが、インドに観光に行くには、観光ビザ電子観光ビザアライバルビザという3種類のビザがあります。
それぞれ何が違うのか、簡単に解説しようと思います。

 

  • 観光ビザ (今回私が申請してきたビザです)
    インド大使館へ行って取得します。
    有効期間は最長6ヶ月入国可能回数の制限なしというフレキシブルなビザ。
    料金も1550円と3種類のビザの中では最も安くなっています。
    ただ、大使館窓口が平日しか開いていないという問題点も・・・。
    そのような方は、代行業者に頼むか、下の電子観光ビザを取得するという方法があります。

 

  • 電子観光ビザ
    ネット上の申請のみで取得できるビザです。大使館が近くになくても大丈夫!
    有効期間は2ヶ月入国可能回数は2回まで、また、入国可能空港も限られていたりと観光ビザに比べて制限があります。
    料金は約2700円
    大使館の近くに住んでおらず、旅行期間も2ヶ月以内、という方はこちらがお得なのではないでしょうか。
    前回の家族旅行では、父が家族5人分の電子観光ビザを申請し、スムーズに取得できていました。

 

  • アライバルビザ
    インド到着時に事前申請なしで取得できるビザです。
    有効期間は2ヶ月入国可能回数は2回まで、入国可能航空は電子観光ビザよりもさらに限られています
    料金は約3300円と3種類のビザの中では最も割高。
    これらの条件を見ると、上の観光ビザや電子観光ビザを事前に取得しておくのが無難だと思います。

 

ここでは、「観光ビザ」についての解説をしていきます。

申請に必要なもの

事前にインド大使館のホームページや、詳しい解説が載っているサイトなどを調べて準備をしました。
今回、申請に持って行ったものは以下。

  1. オンラインで作成した申請書をプリントしたもの
  2. パスポート
  3. 以前のビザが貼ってある古いパスポート
  4. 古いパスポートの以前のビザのページのコピー
  5. 写真1枚
  6. 免許証のコピー(住所の分かる身分証)
  7. 行き・帰りの航空券のEチケット
  8. ホテルの予約が確認できる書類

その結果、提出を求められたのは1、2、5、7のみでした。

ただ、他の人のブログを見ていると、提出を求められている場合もあるので・・・必要になりそうなものは全て持って行くのが安心だと思います。

過去のビザ番号について

私は、これまで2回インドへ行ったことがあります。1回目は観光ビザ、2回目は電子観光ビザを取得してインドへ行きました。
オンラインのビザ申請フォームでは、過去のビザ番号を入力する欄があるのですが、ビザの種類の項目に電子観光ビザの項目がありませんでした。
また、以前の電子観光ビザを見ても、「ビザ番号」ではなく「ETA Number」しか書いてありませんでした。
そこで、ビザ申請フォームには1回目の観光ビザの情報を入力しましたが、問題はありませんでした。

滞在先について

まだ全部の日程で滞在先を決めていないので、空港近くの最初の滞在先(1泊しかしない)を記入しましたが、特に問題ありませんでした。

インド大使館に行ってきたよ

インド大使館の場所

インド大使館のビザ申請受付は、平日の午前9:00〜11:00。
2時間しかオープンしていないので、気をつけましょう。
近くにはコンビニがあるので、時間に余裕を持っていけば、何か間違いがあっても修正してプリント、というのも可能だと思います。

インド大使館は、靖国神社や皇居のお堀の近くにあります。
周りにはタワーマンションや、なんだこの面積!?と思う住宅、名門のお嬢様学校・・・などが立ち並ぶ、そんなエリアです。
初めて靖国神社を通りがかったので、この機会に、と参拝してきました。

最寄駅は九段下ですが、飯田橋からも徒歩圏内(15分ほど)。
飯田橋の方が都合が良かったので、私は飯田橋からぶらぶら歩いて行きました。

近くには飲食店等も多かったです。
ちょっと気になるお店があったのでご紹介。

インド大使館近くの気になるお店ご紹介

  • インド料理ムンバイ 九段下店
    お店の前の看板には「日本で一番インドに近いインドレストラン」との表記が。
    大使館の職員と思われる人たちが利用している姿もみられるそうで、インドに行かずともインドな雰囲気が味わえるようです。

  • カフェ ミエル
    とにかく、外観が可愛い!骨董品?色々な品々が、お店の前に並べられていて、まるでおとぎ話の中のような雰囲気です。
    朝食セットもあるようなので、9:00〜のビザ申請の前にここで朝ごはんを食べるのもアリですね。
    ケーキセットやランチセットもあるので、今度ビザを取りに来る前とかに寄ろうかな、と思います。

ビザ申請!

飯田橋から歩いて、やっとこさインド大使館の前にやってきました。

インド大使館の門の中には門番のような人が。
門の前に行くと、「ビザですか?」と聞かれて、はい、と答えると門を開けてくれました。
建物の中には入らずに右手に進むとビザ申請窓口のある部屋に入るドアがあります。
ドアの前に、名前や電話番号、入館・退館時間を記入するノートがあるので、そちらに必要事項を記入した後建物の中に入ります。

中にはいると、カウンターがあり、その前にベンチが並んでいます。
カウンターの両端に機械があるので、そちらのボタンを押して番号が記入された紙を受け取り、自分の番を待ちます。
この時点で9:20頃でしたが、そんなに混雑はしていませんでした。
スーツ姿の方やインド人と思われる方、お寺の和尚さん?と思われる方など色々な方が自分の順番を待っています。中には、パスポートをたくさん持った代行業者と思われる方もいらっしゃいました。

様々な張り紙がしてありましたが、私がドキッとしたのは「申請料金はお釣りのないように」という張り紙。ちょうど持っていたかなあ・・・。。。不安になりながら待ちます。

15分くらい待ち、番号を呼ばれました。
窓口の女性に、オンラインの申請書のプリントアウトとパスポートを提出します。
「Eチケット」と言われるので、Eチケットを出します。

受付女性:バンコク、コーチン、イスタンブール・・・どこだっけ?
私:トルコです

 (行きはバンコクからコーチンへ行き、帰りはムンバイからイスタンブールへ行く予定)

そんなやり取りをして、特に問題なく申請終了。
1550円をお釣りのないように支払い、後でまた呼ぶので待っていてください、と言われてまたベンチに座って待ちます。
前に述べたように、身分証のコピーやホテルの予約が分かる書類、過去のビザのページ等の提出は求められませんでした。

待つことさらに15分ほど。名前を呼ばれるので(人によっては声がすごく小さくて、聞き取りづらい!)、カウンターへ行くとレシートを渡され、11月22日以降の16:00〜17:00に取りに来て、と言われます(この日が11月19日だったので、きっかり2営業日後)。

申請時にもらえるレシート。2018年11月19日

これで申請の手続きは終了。
1時間もかからずに終わりました( ・∇・)

ちゃんと準備すれば、スムーズにできるんだな〜。
次回は22日の夕方。近くのカフェでお茶でもしてまったりしたから来よう、と思ったのでした。

またビザを受け取った後に、そちらのレポートも書こうと思います♪

靖国神社。2018年11月19日

帰りに靖国神社を参拝してきましたが紅葉していて綺麗でした。
私にとって、飯田橋・九段下エリアって実は初めて訪れる場所で・・・ビザ申請と同時にちょっとした観光もできちゃえる、楽しい午前中でした。

ビザ受け取り

後日、インドビザの受け取りに行ってきました。
ビザの受け取り窓口が開いているのは、平日16:00〜17:00。
16:30頃に大使館へ行くと、かなり大勢の人が自分の番号が呼ばれるのを待っていました。
まず、申請の時と同じように、カウンター横の機械にて受付番号の書かれたレシートを発券します。
発券したところ、60番台(発券した時、20番台の人が呼ばれていました)。
時間のある方は、窓口オープンと同時に大使館へ行くのが一番スムーズだと思います。

待っていると、時間は17:00を過ぎ・・・(窓口は16:00〜17:00ですが、その時間内に受付番号を発行していれば17:00を過ぎても対応してもらえました)。やっと番号が呼ばれました。

受付の方に、申請時に受け取ったレシートを渡します。
すると、ビザが貼られたパスポートを渡してもらえるので、これで手続き終了です。

無事、マルチプル・180日間の観光ビザをゲットすることができました( ^ω^ )!
※ビザ発行より180日間

私の場合、ビザを日本で取得するのは、インドのみにしました。
インドビザのように、ビザの期限はビザ発行から何ヶ月、というように決められています。そのため、日本で取得していざその国に到着する時になったら、ビザの期限が切れている・・・ということになりかねないからです。
あまり、ビザの期限や入国何日前から申請可能、というのは情報として記載されていないような気がするので、お気をつけください!

世界一周の旅開始まで残り1ヶ月を切りました。
その他準備についても記事をUPしていきますので、これから世界一周を始めようかな〜という方に少しでもお役立ていただけたらなと思います!


ブログランキングに参加しています。ポチッとしていただけたら嬉しいです( ・∇・)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村