Curiosity travel
好奇心に従って、旅をする。
Russia

【ロシア】世界最大規模のロシア美術のコレクションを誇る、ルースキー美術館<サンクトペテルブルク>

ルースキー美術館

ロシアの首都、モスクワでトレチャコフ美術館を訪れ、ロシアの美術作品に大きな関心を持った私。サンクトペテルブルクにも、ロシアの美術作品を多く収蔵している美術館があるとのことで、訪れてみました。元々宮殿だった荘厳な建物や内装に圧倒されるとともに、モスクワで見られなかった作品を見ることもでき、有意義な時間を過ごすことができました。

ルースキー美術館(ロシア美術館)とは

ルースキー 美術館の概要

ルースキー美術館ルースキー美術館のメインの建物、ミハイロフスキー宮殿

サンクトペテルブルクのメインストリート、ネフスキー通りから少し北に入ったところにあるルースキー美術館。

「ルースキー美術館」は、全部日本語で言うと「ロシア美術館」。「ルースキー」はロシア語でロシアと言う意味です。ここではルースキー美術館と言う表記を使います。

この美術館のメインの建物は、「ミハイロフスキー宮殿」。皇帝パーヴェル1世が第4皇子ミハイル大公のために建設したものだそうです。
ミハイル大公は、ロシア革命やロマノフ朝の崩壊といった激動の時代を生き、経験し、最後には処刑されてしまった人物です。

ルースキー美術館ルースキー美術館

また、この美術館は、美術館建設の構想を持ちながら亡くなった皇帝アレクサンドル3世を記念し、かつては「アレクサンドル3世皇帝記念ルースキー美術館」と呼ばれていました。
今でも、その名残を随所で見ることができます。

アクセス

ルースキー美術館は、サンクトペテルブルクの中心部、外観が特徴的な「血の上の救世主教会」や広大な「夏の庭園」の近くに位置しています。

血の上の救世主教会血の上の救世主教会

観光地の真ん中なので、見つけやすいかと思います。

営業時間、入場料

  • 営業時間月曜日 10:00〜20:00
    火曜日 定休日
    水曜日 10:00〜18:00
    木曜日 10:00〜21:00
    金曜日 10:00〜18:00
    土曜日 10:00〜18:00
    日曜日 10:00〜18:00
    ※チケット売り場は閉館の30分前まで。
  • 入場料
    大人 500ルーブル
    学生 250ルーブル※見学する場所によって価格が変わることがあります。
    詳しくは公式ホームページをご覧ください。

サンクトペテルブルクには見るべきところがたくさんあります。
定休日や営業時間を確認して、効率よく巡りましょう!

数々のロシア絵画に興奮!ルースキー美術館を巡る

豪華な内装

とにかく広大なルースキー美術館。
かつては宮殿だったため、その内装や建築はとても豪華で、ロシア帝国の繁栄ぶりを知ることができます。

ルースキー美術館ルースキー美術館の内部

それこそ、ドストエフスキーの時代って、こう言う時代だよなあ・・・。
貴族でもすごい貴族はこんな豪華な場所で豪華な暮らしをして、貧富の差はすごくて、貧しい人は路上で死にゆくこともあった時代。そんなことにも思いを巡らせてみると、「綺麗ー!すごいー!」とはまた別の視点で美術館をみることができます。

ルースキー美術館ルースキー美術館

貴族の間では、フランス語が公用語だった、と聞いたことがあります。宮殿も、「ロシア」と言うより西洋風で、大陸を横断してきた私としては不思議な気がしました。

多くのロシア絵画

モスクワのトレチャコフ美術館で見て「素敵だな」と思った画家の作品も多く見かけました。中には同じ絵画や、少しポーズが違うようなものまで。違いを探しながら歩くのも楽しそうです。

ルースキー 美術館海を幻想的に描いた作品
ルースキー美術館冬の街を描いた作品
ルースキー美術館自然を描いた作品

トレチャコフ美術館との違い

展示内容は、モスクワのロシア絵画を専門にした美術館、「トレチャコフ美術館」とほぼほぼ同じで、そっくり同じ絵画もいくつか見かけました。
ただ、ルースキー美術館にも特徴があります。それは絵画だけでなく、子供のおもちゃや刺繍、お皿、ものを入れる箱などの民芸品や現代美術、写真、比較的最近の絵画も展示してあること。

特に20世紀の絵画を集めた展示は興味深かったです
ルースキー美術館20世期の作品を展示してあるコーナー
ルースキー美術館ソビエト時代のもの?軍人と、恋人
ルースキー美術館キュビズム的なタッチで描かれた教会
ルースキー美術館幻想的な作品

ルースキー美術館に来たら、有名でちょっと古典的な絵画だけチェックするのではなく、新しいものもぜひご覧ください。

トレチャコフ美術館についてはこちらの記事をご覧ください!

イヴァン・アイヴァゾフスキーの絵画
【ロシア】ロシア美術の魅力を堪能〜モスクワのトレチャコフ美術館2019年8月、シベリア鉄道に乗り、ついにロシアの首都モスクワにたどり着きました。 モスクワには、さすが、ロシアの誇る美しい文化を知る...

おわりに、と注意点

ルースキー美術館は、世界最大規模のロシア美術のコレクションを持つ美術館。
とても大きい上、内部の作りが複雑で、迷子になりそう・・・実は私、目的のエキシビジョンにたどり着くことができなかったんです。別館だったんだとおもいますが・・・。

ルースキー 美術館へ行く際は、もしお目当ての画家やエキシビジョンがある場合は、事前にリサーチすることをお勧めします。
ホームページでも情報が公開されていますし、職員の方に聞けば親切に教えてくれると思います(言語的な問題がある場合は、メモやスマホのスクリーンショットを見せるといいと思います)。

ロシアの栄華を見聞きできる街、サンクトペテルブルク。
ぜひ、美術館や宮殿を巡って、感じてみてください。