Israel

イスラエルー私の見聞きしたこと(1)敵に囲まれているということ

イスラエル、有名だけど、あんまり行ったことのある人はいないんじゃないかな。
実は私も行ったことがありません。
ただ、旅先でイスラエル人にはちょいちょい出会う。

今日、イスラエルについての話を聞いて、ちょうど旅で聞いたことを思い出したので、
イスラエルについて、聞いたことや見たこと、噂などをまとめてみたいなと思います。
主に、兵役、旅、入国のこと、などなど。

※私が人から聞いたことや、私の主観がメインの記事になります。
 この話だけを鵜呑みにせず、自分でも調べたり、機会があれば人と話したりして自分なりに判断していただけたらと思います。

旅で見聞きしたこと

イスラエルには、兵役があります。
イスラエルといえば、女性にも兵役義務があることが有名かもしれませんね。
ただ、国民全員に兵役義務があるわけではなく、ユダヤ人とイスラム教の一部の宗派の人のみに義務があるそう。

私は旅の間、時々イスラエル人を見かけました。
いろいろな場所でちょくちょく見かけるので、ある時「なんでイスラエル人の旅行者って多いの?」と聞いてみました。すると「徴兵制が終わった後のバケーション」とのこと。
徴兵制が終わると、旅に出る人が多いようなのです。

インドのとある観光地で

ある時インドのとある観光地で・・・
現地の人と話していると。イスラエル人のことが度々話題にのぼりました。
なんとイスラエル人、お祭りの季節に大群でやってきて、マリファナを吸ったりしながらどんちゃん騒ぎをしているんだとか。
流石のインド人も、「イスラエル人は・・・」と、あんまり良い印象は持っていないようでした。

セルビアの首都で

その後、セルビアで。
フリーウォーキングツアーで、イスラエル人のおじいちゃんと出会いました。
娘と一緒に旅行しているらしく、少し話すことができました。
その時、いろいろ聞いてみたのですが。
イスラエル国内でも、徴兵制が終わって旅行に行くことはよくあることで、
彼によれば「フラストレーションを発散しているんだろう」とのこと。

周囲を言うなれば”敵”に囲まれている国、イスラエル。
だからこそ、それを守ると言う点に関してはかなり厳しいんだろうな。。

リトアニアで

イスラエルといえば、入国で手間取ることも多いと聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
特に、周辺のアラブ諸国のスタンプがパスポートに押されていると、入国できない人もいるとか・・・。かなり嫌な対応されたりとか・・・。そんなのをブログで読んだことがありますが。

私がリトアニアでカウチサーフィンさせていただいた、旅行好きのカップルの体験談。
彼らは休暇にイスラエルに行って、現地では節約のためカウチサーフィンで宿泊することにしていました。
入国の時、宿泊場所を聞かれて、正直に「カウチサーフィンで」と答えてしまった彼女。
ちょっときて、と裏に連れて行かれます。
なんと・・・彼らはイスラエルへの入国は叶わず、数日間”空港の中の刑務所”のようなところに入れられて、親に電話したり、シャワーを浴びたりする自由も与えられずに!(彼女は人権侵害だ、と言っていました)過ごすことになったのです。
かなり精神的に参ったよう。
「人権侵害だ!」と叫ぶと、脅されるような対応を取られて・・・。
今でもその頃の恐怖がフラッシュバックする、と言っていました。

まとめ

ただ、これまで私が出会ったイスラエルの人はみんな普通にフレンドリー。
敵に囲まれているから、自分の国を守る、と言うことにはかなりの注意を払っているし、それはまあ当たり前。なので、何かトラブルが起きても彼らの事情まで考えを巡らせると落ち着くことができる気がします。

いつか行って、彼らの置かれている状況を肌で感じてみたい。