静岡

母と浜松旅行 | 天竜二俣駅の転車台ツアー

2021年4月、母と浜松に行ってきました。
1泊2日の短い旅行でしたが、新しい発見満載のとても充実した旅行になりました。

浜松に到着した日。9時ごろに母と浜松駅のカフェで待ち合わせをして、チェックインまでの時間をローカル鉄道での観光に充てることにしました。
今回は、ローカル鉄道の一つである「天竜浜名湖鉄道」の駅で開催されているツアーについてご紹介しようと思います。

2つのローカル鉄道とその楽しみ方

浜松には、JRの他に2つのローカル路線があります。

1つ目は「遠州電車」。
浜松市を南北に走る鉄道で、JR浜松駅の脇にある「新浜松駅」から天竜区にある「西鹿島駅」を結んでいます。

2つ目は「天竜浜名湖鉄道」。
掛川市の「掛川駅」から浜名湖の西にある「新所原駅」を結ぶ鉄道です。

今回、私と母は「遠州電車」「天竜浜名湖鉄道」の1日フリー切符を購入し、新浜松〜掛川間を往復、車窓の景色を眺めながら、まったりと観光しました。

天浜線・遠鉄共通1日フリーきっぷ

共通フリー切符は、「新浜松」〜「新所原」の西ルートと「新浜松」〜「掛川」の東ルートどちらか一方を選択、1日1,480円(大人)。
※詳しい購入場所やそれぞれの営業時間は、天浜線または遠鉄の公式ホームページでご確認ください!

私たちがフリーきっぷでまず向かったのは、天竜二俣駅。
ちょうどいい時間に転車台見学ツアーがあるそうなのですが・・・。その時の様子をご紹介しようと思います。

天竜二俣駅 転車台見学ツアー

天竜二俣駅

浜松市 天竜区にある「天竜二俣駅」。
木造の駅舎が特徴的な歴史のある駅で、ここでは毎日「転車台・鉄道歴史館見学ツアー」が開催されています。(2021年4月現在)

私と母も、このツアーに参加しました。
ツアーの値段は350円(大人)、天浜線の列車を利用している場合は250円になります。
※詳細は天浜線公式ホームページをご確認ください。

天竜二俣駅ツアー記念硬券

何も知識のない状態でツアーに参加したのですが、蒸気機関車だった時代のことや駅の建物の造りについてなど、わかりやすく解説してくれとても楽しめました。

天竜二俣駅 転車台ツアーにて

ツアーのハイライトは、なんといっても転車台。
今では使われていないらしいのですが、かなり古い転車台が実際に動く様子を間近で見ることができます。

鉄道のことをあまり知らなくても、とても楽しめました!
浜松に観光に来た際にはぜひ行ってみてください♪

ちなみに、21年4月現在、天浜線ではアニメ「ゆるキャン」とのコラボでラッピング車両を見ることができました(母が「ゆるキャン」好きで騒いでいました笑)。

おまけ 天竜二俣駅近くの食堂

転車台ツアーが終わり、ちょうど昼少し前ごろ。
お腹が空いたので、天竜二俣駅近くの食堂「食の駅 十文字屋」で昼食にすることに。

私はきつねそば、母は天ぷらそば定食!
天ぷらを2人で分け合って食べて、お腹いっぱい、おいしかったです〜

食の駅 十文字屋にて
食の駅 十文字屋にて

観光している時って、観光っぽいご飯が食べたくなりますが(うちの場合は「そば」)、この食堂はそんな観光客の願いを叶えてくれる場所だな〜と思いました。

机の配置など工夫されており、感染症対策もされていました。

天竜二俣駅に行った際はぜひ〜。