THAILAND

ICON SIAMへの行き方・見どころ<タイ>

2018年11月にオープンしたばかりの大型ショッピングモール、ICON SIAM。
日本のデパート「高島屋」が出店しているということを聞き、タイへ行く前から行ってみたかったスポットです。
ただ、BTS(高架鉄道)もMRT(地下鉄)も近くを通っておらず、行くには無料シャトルバスか無料ボートを使うか、タクシーで行くしかありません。
私は、チャイナタウンのホステルに泊まっていたので、いつもチャイナタウンから船着き場まで歩き、無料ボートを使ってICON SIAMまで行っていました。

ここでは、ボートを使ったチャイナタウン〜ICON SIAMまでの行き方・ICON SIAMの見どころを解説しようと思います!

1.ICON SIAMとは?

ICON SIAMとは、2018年11月にオープンしたばかりの大型ショッピングモール。
高島屋やアップルストア、その他タイ各地の屋台ご飯が楽しめるフードコートや、質の良いセレクトショップ、さらにはLOFTや@cosmeなども(なんとびっくり!)入っていて、とても1日で回りきれる大きさではありません。

バンコク中心部から見ると、川の向かい側にある&BTSもMRTも通っておらず、少しアクセスしづらいのが難点。
行き方を覚えてしまえば簡単ですが、「どうやって行くんだろう?」と迷っている観光客もよく目にしました。

次項では、チャイナタウンに滞在していた私がICON SIAMにどうやって行ったかを解説しようと思いますー!

2.ICON SIAMへの行き方

(1)チャイナタウンからの行き方

私は、バンコク滞在時チャイナタウンのとあるホステルに宿泊していました。
「Si Pha Ya Pier」という船着き場からICON SIAMまでの無料ボートが出ている、という情報を得たので、そこからICON SIAMに向かうことにしました。

行ってみると、「Si Pha Ya Pier」にはいくつも船着き場があります。
ICON SIAMへの無料ボートが出ている船着き場へ行くには、このショッピングモールを目印にすると良いでしょう。

チャイナタウンから歩くと、ちょうどこのショッピングモールの裏側にたどり着きます。
ショッピングモール裏側には、レンタサイクル屋さんやコンビニ、タピオカドリンク専門店があります。
それらのお店を通り抜けると、屋台が数店舗、ショッピングモール入口付近に出ています。
そこを通って行くと、「THE COFFEE CLUB」というカフェが右手に見えます。
そのカフェの左側に、こんな建物が見えます。

これがICON SIAMまでの無料ボートが出ている船着き場。
中に入ると、ICON SIAMへのボート乗り場はこっち、と列に案内されるので、そこからは係員の指示に従ってボートに乗るだけ。

目立つ目印が外にないのでちょっと分かりづらいですよね・・・。
分からなかったら、モールの従業員さんに聞くと教えてくれると思います。

(2)高速船Si Pha Ya Pier乗り場から無料ボート乗り場への行き方

バンコクでは、BTSやMRTのないところに観光地が密集しています。そのため、観光には高速ボート(バスや電車のように、バンコク市民の足になっています)が便利。
今回、無料の朝食を食べにインド人街のシーク教寺院に行き、その後高速ボートを使って「Si Pha Ya Pier」へ、その後ICON SIAMへ行ってみました。

「Si Pha Ya Pier」という船着き場の名前は同じなのですが、高速ボートの船着き場とICON SIAMまでの無料ボートが出ている船着き場は少し離れたところにあります。
(Googleマップで「Si Pha Ya Pier」と検索して出てくるのはこの高速ボートの船着き場です)

高速ボートの船着き場に着いたら、そのまま真っ直ぐ進み、次の角をを左に進みます。
すると、ショッピングモール「リバーシティ」につくので、あとは(1)で解説した通り。
ほんとわかりづらいなあ。。

次項では、ICON SIAMの見どころをご紹介します!

3.ICON SIAMの見どころ

(1)G階のフードコート

ICON SIAMの地下には、まるで昔のマーケットのような巨大フードコートが広がっています。ここではタイ各地の食事を楽しむことができます。
ほんとの屋台みたい!と思うのが、屋台をやっている従業員の人が何か飲み食いしているのを多く見かけたこと。タイらしいものを残しつつ(当たり前のことで、疑問にも思っていないかもしれないけれど)、綺麗にそれを演出しているのがすごいな、と思います。

ご飯系だけでなく、ココナッツジュースやカットフルーツ、甘いお菓子など、なんでも揃っています。

私は、このおばさんが売っていたよくわからないプリンのようなものを購入。コーン、豆、あと何か良く分からないものが乗せてありました。
何か甘いものが食べたくて、デザートのつもりで購入したのですが、デザート感とお惣菜感が3:7くらいでした。でも美味しかった。満足。この食べ物の名前がわかる方いたら教えてください!

私は1人だったので、色々なものをつまみ食いすることができなかったのですが、2~3人でいけば色々なものを少しずつ食べるのも楽しそう。
次は友達を連れてきたいな〜と思える場所でした。

(2)ショッピング!

ICONSIAMは本当に巨大なショッピングモール。H&Mのようなファストファッションから、高級ブランド、さらにはSEPHORAのようなブランドコスメを取り扱うお店や、@cosmeのように日本のコスメも取り扱うお店、タイのお土産を集めたセレクトショップなどなど・・・。本当に多種多様なお店が入っています。
上の写真のように、H&Mだけで一つの建物みたいになってます(笑)

★旅行者は、「ツーリストカード」を作成することでお得にショッピングができます。
私はカフェ利用だけでしたのであまりお得感はありませんでしたが、お店によっては30%割引の特典もあり、ショッピングする方は作ったほうがお得です。
3Fの「ツーリストラウンジ」で、パスポートがあれば作成することができますよ〜!


また、ドリンクスタンドやカフェも多くあるので、ショッピングに疲れたらいつでも休むことができますよ〜。特にタピオカドリンク専門店が多くて、私も喉が渇いたのでタピオカ飲み歩きしました〜

(3)チャオプラヤー川の眺め・ボート

無料ボートに乗れることも、魅力の一つだと思います。
他の高速ボートよりはゆっくりで、迫力もないけれど・・・初めて乗った時、ボートがみるみるICONSIAMのきらびやかな建物に近づいていくのにちょっと感銘を受けました(笑)

また、このチャオプラヤー川はICONSIAM内からも眺めることができます。
一つのシンボルのようになっているようです。ちょっと疲れたら、眺めの良いところに座って、外をぼーっと眺めてみるのもいいですね。

3.豆知識〜フリーWiFi〜

ICONSIAMには接続が容易なフリーWiFiがあります。
私としては、バンコクってちょっとWiFiスポットが見つけづらい・・・。
周辺情報を調べたいときに、助かりました!

4.徒歩圏内のおすすめスポット

ICONSIAMから徒歩圏内には、ローカル気分が味わえる屋台や昔の中国の町並みを再現したエリアなど、いくつか面白いスポットがあります!私がブラブラしていてたまたま見つけたスポットをご紹介します^^

(1)屋台の立ち並ぶマーケット

ICONSIAMの正面玄関を出て右側に歩いていくと、屋台の立ち並ぶ通りがあります。
ちょっと外に出てみて、ここでお昼ご飯・・・というのもありかもしれませんね。
タイ料理以外にも、ドーナツ屋さんが1店舗、タピオカ屋さんが2店舗ありました。
なんか食べたかったけど、これを見つけた日はちょうど下痢で(シク寺院での無料朝ごはんの後)、何も食べられませんでした・・・。

(2)LHONG1919

ICONSIAMから徒歩20分くらいのところにある、昔の町並みを再現した観光スポット。
中華な雰囲気が素敵です〜。チャイナドレスを着たタイ人が写真を撮っているのをよく見かけました!
雑貨屋さんやレストランが数店舗ありますが、どこも高級そう。
他にはトイレくらいしかないので特にやることがないです。
インスタ映えする写真が撮りたい!という方にはうってつけの場所だと思います。
私はこの日下痢だったのでトイレを借りました。トイレ綺麗で巨大で冷房が効いていてとても快適でした。おすすめトイレです。

こういうウォールアートの前で女の子たちが写真を撮っていました。
インスタでここを調べると、そういういい感じの写真がいっぱい出てきます〜

ただちょっと20分暑い中歩くのがきつかった・・・;タクシーやトゥクトゥクを使った方が良いと思われます。
日によってはここからボートも発着しているみたいです〜

こんな魅力が詰まったICONSIAM & その周辺。
バンコク中心部からは離れていて、少しアクセスもしづらいですが、行かないと損!レベルで素敵なところです。
バンコクを訪れた際にはぜひ行ってみてください!


にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
旅行ブログランキングに参加しています!ポチッと押していただけると嬉しいです〜!