SWEDEN

【193日目】フェリーを乗り逃す!めちゃくちゃ焦る!〜6ヶ月の旅行史上最も悲しい出来事〜

スウェーデン国旗

今日は6ヶ月の旅行史上もっとも悲しい出来事があり、もっとも焦った日になりました。
フェリーに乗る方、ご注意ください。私の失敗をご紹介します><

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ

もともとの予定

6/27にヘルシンキからの飛行機で日本に帰る予定の私(チケット予約済)。
6/25のフェリー、夕方の便でストックホルムを発ち翌朝ヘルシンキに到着する予定でした。フェリーは事前に予約済み。

フェリーは17:30発なので、その時間にめがけて船着場へ行きます。
今日は何も予定がなく、街をゆっくりぶらぶらして、ホステルでちょっとひと休憩してから船着場に向かいました。ところが・・・

誤算

船着場が広すぎる!

私が利用したのはこの船着場。
17時ちょうどごろ、1番バスで近くにつき、歩いてチェックイン場所に向かいます。

しかし、チェックイン場所が一向に見当たらず(乗るフェリーはすぐそこに見えているが・・・)、フェリーを通り越して半島の先っぽまで15分くらい歩いてた。
「パッセンジャーは青いラインに従って歩いてね!」という表示があり、それに従ってぐんぐん歩いちゃっていた。

・・・おかしい。

ひとけもあまりない。

どうしよう・・・。

働いている人に聞いたら、「向こう」と歩いてきた方向を指さされる。
あわわやばい・・・・。
土産物を買って膨らんだ荷物を背負って走ります。

チェックイン時間

チェックイン場所は、船着場の入り口付近の煉瓦造りの建物。
これ、分かりづらいわー・・・。><
中に入るも窓口のお姉さんに「もうチェックインは終わったわよ。来るの遅すぎ!」と言われる。どうも本当に、完全にゲートは閉まってしまったよう。
すぐそこにフェリーはいるのに、乗ることのできないもどかしさ・・・この瞬間が悲しすぎた。

17:30発のフェリーのチェックイン時間は14:00〜17:00だった。
チェックイン時間はホームページなどで事前に確認しましょう。

この時、「え、明後日のヘルシンキから成田の便は・・・?」「お金・・・」「どうしようどうしよう」色々なことが頭を巡ってもう混乱状態。

この時、従業員のおじちゃんに助けられます。

従業員のおじちゃんの「プランB」

おじちゃんによれば、別の船着場からフィンランドのアボー(トゥルク)に向けて今日フェリーが出るらしい。19:30発とのこと。

「プランBがあるから大丈夫。きっといい旅になる」

と送り出してくれました。

おじちゃんに言われたのは、「ギャラクシー号のアボー行き」。
渡してくれた地図を頼りに道を歩いていきます。

ちょっと安心して前向きな気持ちになれたけど、まだ動揺は収まっていませんでした。

別のフェリーのチケットを買うも・・・

やっとこさ別の船着場のチケットカウンターについた私。この時18時過ぎ。
何も考えず「ギャラクシー号!一枚!」とチケットを買ってしまいました。
お値段はもっとも安いもので1740SEK(約2万円)。

・・・あれ?めっちゃ高い・・・><

もしかして、飛行機の方が安いんじゃ・・・と調べてみると案の定飛行機はその半額以下(ここの船着場にはWifiがあった)。
ぐわああやっってしまった・・・

無理だよ、こんなラグジュアリーな旅私にはできないよ!!予算オーバーも甚だしい!

チケットカウンターのお姉さんに「キャンセルできないか」と聞いても、「今日の便だからできないの。ごめんなさい」と断られる。

だよねえ・・・どうしよう・・・なきそう。。。。

だがしかし、Messengerで友人に相談すると

「えー、買ったばっかりじゃないかい・・・」

そうだよね!と勇気を出して、今度はチケットを購入したカウンターのお姉さんに「キャンセルできないか」と聞いてみる。

お姉さん「ポリシー上はキャンセルできない」
私「でもたった30分前に買いました・・・」

すると、「本当はできないだけど、、上司に聞いてみます」とのこと。
やった、ありがとうございます、光が見えてきた・・・!

そして、無事キャンセル完了。
10ユーロ分の事務手数料は取られたけどそれはまあしょうがない(航空券代と合わせてもフェリー代を大きく下回る)。

はあ、良かったあ・・・。

結論、フェリーは航空券より高い場合が多いです。時間帯とランクによるけど。

この時間のトゥルク行きギャラクシー号は、中国人観光客であふれていました。

船着場にはWiFiがあるので、ここで航空券の予約とエアポートバスの予約まで済ませちゃうよ。

北欧の人々の足、Norwegian Air

今回利用するのはNorwegian Air。
北欧に住む人にとってはおなじみの格安航空会社とのこと。
スウェーデン人の友人のオススメです。

翌日早朝の便でチェックイン荷物込みで65ユーロの便を発見。こちら最安だったのですぐ買いました。良かった〜〜〜。
ストックホルム市内から45分程度の「アーランダ空港」発の便です。

今日は泊まるとこないし明日早朝の便だし空港で夜を明かそう!!そんな感じにまとまりました。

さて、船着場を出て目指すはエアポートバス「Flygbussarna」の発着するストックホルム中央駅へ。

メトロに乗ろうとするも・・・

船着場近くの駅、Gardetから中央駅T-Centralenまでメトロで行くことに。
数日前に72時間チケットを買っていて、まだ有効だと思っていたんだけど・・・なぜか使えず。
すると後ろから来た男の子が「カム!」って言って彼のチケットで私を通してくれた!

そしてその男の子は何も言わずに去っていった・・・

か、かっこいい!!!

無事20時ごろ、Flygbussarnaのバスターミナルに到着することができました。

そして現在

翌朝6時の便なのに、夜9時過ぎにチェックイン、荷物を預けてすぐに出国手続きを済ませ(といってもシェンゲン域内なので荷物検査のみ)、制限エリア内へ。
ラウンジやどのカフェ、レストランもしまっているがWi-Fiは3時間無料。しかも速い!これを使って今記事を書いています。

フェリーのためにりんごやらパンやら色々買ってたのが良かった。
水は水飲み場があるので困らず。

朝の4時、あと1時間も経てばカフェがオープンするから、そしたらコーヒーでも買って持ってるパンとりんごでも食おう。。。

今回の失敗はいい教訓になりました。
最近、旅行慣れしてなんでもギリギリになることが多かったから・・・しかも事前に調べることも少なくなってきたから・・・ダメだね。これからはちゃんと調べるものは調べて、何分前行動、を心がけます。。

特にフェリーに乗る方は本当に気をつけてくださいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ