RUSSIA

自分にできる行動を。ロシアの軍事侵攻に対する抗議活動に参加してきました

現在、ロシアのウクライナへの軍事侵攻を受けて、
たくさんの人が、SNSへの投稿やデモへの参加など、
それぞれに平和活動を行なっています。

私にできる抗議活動・平和への活動を行おう!
その一つとして、2月27日(日)に新宿・渋谷で行われた抗議活動に参加してきました。

渋谷駅前の抗議活動では、
多くの人が「NO WAR!」「戦争反対!」といったプラカードを持ち、
ロシアへの抗議と平和への祈りを表明。
手を上げた人がマイクを手に、それぞれ平和への思いを語っていました。

渋谷駅前の抗議活動

心に残ったスピーチをいくつか挙げてみようと思います。

まず、日本で働くウクライナ人の方。
ウクライナに住む親戚がロシアからの攻撃を警戒し
ここ数日バスルームで睡眠をとっていることを話してくれ、
ニュースで見聞きしている情報がとても身近なことに感じました。

中学生の男の子。
戦争反対への思いを熱く、はっきりと語っていました。

父親が特攻隊の生き残りだったという女性の話では、
戦争しても良いことなんて一つもない、という実感が湧きました。

また、とある人は
日本もいつ「プーチン」になるかわからない。
それを防ぐためにも、憲法9条を守っていかなければならない、とも。

ロシアのウクライナ侵攻への抗議はもちろんですが、
自分の国でも起こりうることとして受け止め、理解し、
今後の政治的活動に繋げていく必要があると強く思いました。


私はロシアを1カ月かけて旅したことがあります。
その間、平和を願うさまざまな人に出会いました。
また、ベラルーシを旅する中で、ウクライナにルーツを持つお家で
ウクライナの民族衣装を着せてもらったり、ウクライナの古代文明について
縄文時代と似ているんだよね、という話をしたことも。
そんな暖かい人との触れ合いの中で、
ロシア、ベラルーシなどの旧ソ連圏は私の大好きな地域の一つになりました。

先ほどFacebookをチェックしたところ、
2019年にホームステイさせてもらったベラルーシの田舎に住む人が、
「避難してくる人をうちに受け入れることができます!連絡をください!」と
発信しているのを見つけました。
彼は陶芸家で、ソ連時代に壊されたベラルーシの文化を再興しようと
活動している一人です。
戦争は、そんな文化的なものも奪ってしまう可能性があります。
彼らの安全と、平和を切に願います。

・ロシア旅行に関する記事はこちら
・ベラルーシ旅行に関する記事はこちら