2023 コロナ後初!タイ旅行

【コロナ後初!タイ旅行】チェンマイで年越し!空にあがるコムローイがとっても綺麗でした!

2022-23年の年越しをチェンマイで過ごしました。
ターペー門の近くでは、夕方ごろから年越しカウントダウンイベントが繰り広げられ、深夜近くには多くの人がコムローイ(灯ろう)に火を灯し空に上げていました。
※チェンマイの複数の箇所で年越しイベントが開催されていますが、今回の記事はターペー門付近に限ります。

12/30 関空→バンコク(飛行機)
        バンコク→チェンマイ(夜行バス)
1/2 チェンマイ→パーイ(バス)
1/4 パーイ→Wat Pa Tam Wua ワットパータムウア(ソンテウ)
1/8 ワットパータムウア→クンユアム(ソンテウ)
1/9 クンユアム→メーホンソーン(ソンテウ)
1/11 メーホンソーン→パーイ(ソンテウ)
1/13 パーイ→チェンマイ(バス)
1/15 チェンマイ→バンコク(夜行バス)
1/17 バンコク→福岡(飛行機)

チェンマイで年越し!コムローイが美しい

チェンマイ ターペー門付近では、多くの観光客がコムローイと呼ばれる灯ろうを空に上げていました。
本来、コムローイを空に上げる催しは11月のお祭り「コムローイ祭り(イーペン祭)」で行われるのですが、多くの人がどこかから買ってきて個人個人で火をつけて空に上げていました。

日付が切り替わる時間には、花火も打ち上げられ、強い光を放つ花火と、天の川のように空に上がって流れていくコムローイがとても幻想的な景色を作り出していました。
打ち上げられた花火は650発以上とのこと。

今回の年越しでは、コムローイはターペー門の南側のお堀の両側から上がっていました。

年末のチェンマイの雰囲気@ターペー門前

ターペー門付近の年越しの雰囲気をご紹介します。
観光エリアということもあり、チェンマイ以外からの観光客が多かった印象です。お祭りのような雰囲気で、屋台メシを楽しむことができました。

途中購入したタイスイーツ

ターペー門の前の広場はイルミネーションで飾られていました。
「2023」という数字やクリマスツリー、2023年の干支のウサギなど。写真スポットになっていました。

ターペー門前のイルミネーション
ターペー門前のイルミネーション

お堀の周りの木々にもイルミネーションが施されていました。
光が水面に反射してとても綺麗。

ライトアップされたお堀

ターペー門前の広場では、夕方ごろから「チェンマイカウントダウン」というイベントが開催されていました。下の写真は、タイのフォークミュージックバンドが演奏している様子。このバンド、とっても良かったな〜。

カウントダウンイベント

カウントダウンイベントの裏には遊園地が設置されており、夜中まで家族づれで賑わっていました。

仮設遊園地
AZUSA
AZUSA
とにかく楽しい雰囲気が広がっていて、一人でふらふら歩いていただけですが、とても楽しかったです!
 

最後に

 
チェンマイ 年越し

今回、年越しをタイで迎えるにあたり、チェンマイに行って良かった!
各地でイベントは開催されていますが、ちょうど良い規模感で、素敵な光景を見ながら新年を迎えられたのは、とても良い経験だったと思います。

本来は11月のお祭りでしかみられないコムローイを見ることができるのもポイント。

次の年越しは、ぜひチェンマイ旅行を考えてみてはいかがでしょうか?


最後まで読んでいただきありがとうございました♪
ブログ村への投票や、SNSのフォローよろしくお願いします

Instagram:@azusa_1111_
Twitter     :@azusatraveler
ブログ村  :にほんブログ村