カナダ

【メタルライブ】Dreamsonic2023に行ってきたよ!ドリームシアター、デヴィン・タウンゼンド、アニマルズ・アズ・リーダーズ

こんにちは、AZUSAです。
昨日、ハミルトン(トロントから車で約1時間くらいの街)で開催されたドリームシアター主催のツアー、「Dreamsonic2023」へ行ってきました!

個人的に、メタルのライブに行くのは2017年以降おそらく6年ぶり…?で、しかも各バンドを観るのは初めて!コロナが始まるくらいのタイミングで日本のドリームシアターのツアーがキャンセルされて、ドリームシアターもこれまで実際に観たことがなかった。

もうとても嬉しく気分の上がるライブでした。。
会場のこととか、ライブがどんな感じかとか、日本となんか違う!っていう点とか色々備忘も兼ねて書いていこうと思います。(ドリムシとっても大好きだけどそんなにめちゃくちゃ詳しいわけではないし語彙が足りないですがご容赦を…!)

FirstOntario Centre (ファースト・オンタリオ・センター)

今回、トロントから1時間かけてハミルトンにあるファースト・オンタリオ・センターに行きました。大きい会場で、シーズンにはホッケーの試合が行われるようですね。

トロントからはGo Transitを使って乗り換えなしで行くことができます。

私は行きはGo Train、帰りはGo Busを使いました。ナイアガラの滝に行く時と同じですが、Burlingtonで降りずにHamilton Goで降ります。参考↓

【ナイアガラの滝】トロントからの行き方〜公共交通機関[GO Transit]を使って〜こんにちは、AZUSAです。 トロントへやって来て2ヶ月半、ついについに、ナイアガラの滝へ行ってきました! この記事では、今回私...

Hamiltonの街は、トロントと同じく五大湖の一つオンタリオ湖沿いにあります。オンタリオ湖の広さがわかりますね。

ライブの注意点!

今回、私は「遠出するから」と色々持って行ったんですよね。小さいながらもリュックで・・・読書用にタブレットも。

すると、入場口でセキュリティに「リュック・タブレットは持って入れません」と言われ、例外無しで持って入れないようで・・・

会場にはコインロッカーは無し。というかこの辺にコインロッカー無し。((日本と違う…))

人によっては「一度、貴重品だけ持ってその他の荷物はどこかに隠しておいたことがある」って人もいたけど、そんなことできない(泣)

公共交通機関で来てる・・・と言っても、責任者に「事情は理解できるけど、すみません」と断られてしまいました。

AZUSA
AZUSA
マジで事情は分かる。日本じゃないし、テロみたいなことが起こったら洒落にならないし…

でも、どうしよう。

結局、どうにもならないので周りに頼ることに。近くにあったとあるホテルに頼んで、預かってもらうことができました(泣)

人々が優しすぎて泣ける。。。

実は「リュック・大きい荷物持ち込み不可」は事前に送られてきたメールに書いてありました。ちゃんとチェックしなかった自分も悪い…次回からは気をつけます。(でもどこからが「Large bags」か分からないし、タブレット不可なんて書いてないじゃん〜)次からは必要最低限のものだけ持って行こう。

事前に送られてきたメール

ライブが始まる

ファースト・オンタリオ・センターはホッケーの試合も行われる大きな会場。
小さいスタジアムのような感じで、結構広い。

会場内では軽食や飲料(アルコールも含む)が売られていて、観客たちは演奏が始まるまで外のエリアで話しながら過ごしている人が多かったです。

会場内

私は一人で参戦。左隣は同じく一人参戦のおそらくドラマーの男の子、右隣はカップル。どんなもんかと思ったけどおひとり様はいるし、静かに観るタイプの人もいるし、よかったー。

アニマルズ・アズ・リーダーズ

まず最初にアニマルズ・アズ・リーダーズ。うわあああ、かっこいい・・・・。ライブが終わってからもずっと彼らの曲を聴いています。とってもクール。。。専門的な知識がないので言葉で表現できないのですが、すごいカッコいい。

デヴィン・タウンゼント

次にデヴィン・タウンゼント。何度か来日もしているようなのですが、ジャンルがちょっと違うため私は全く知りませんでした。

隣のドラマーボーイが盛り上がっていた。

感じたのは、何より声が良い!最後、ドリームシアターの一曲をみんなで演奏する場面があったのだけれど、デヴィン・タウンゼントの声、良い!ってなりました。

最後に待ちに待ったドリームシアター

ドリームシアター

さすがな舞台!A View from the Top of The Worldからの曲が多く、あとは30周年ということでImages and Wordsからも演奏してくれました。

そして、アンコール!皆舞台に出てきて、皆でThe Spirit Carries Onを演奏。

アンコール

なんてピースフルなんだ。

ヨガをやっていて、音楽によってはRajasicだから、Satvicな音楽を聴きなさい、と言われていたのですが・・・この光景を見て、もう、全ての音楽、ピースフルじゃん!と思ったのであった。

そういう面でも、自分がこれまで好きなものと、新しく得た知識との間のコンフリクトが自分の中であるんだけど、音楽に関しては、好きなものは好き、これからも聴き続けようと思ったのでした。

帰り Go BusでUnion Stationへ

帰りは、預けていたカバンをホテルに取りに戻り(ありがとうございます…)、

Go Trainが次1時間後しかないか、と思っていたら、バス停に人がちらほら並んでいるのを見て。なんと近くのバス停からGo BusのUnion Station行きが出る!

幸運なことに、このバスに乗ってスムーズにトロントまで帰ることができました。

11時過ぎごろのバスに乗り、Union Stationについたのは12時過ぎ。まだ地下鉄は動いている時間で、安心して家まで帰ることができました。よかった。

そして、余韻に浸って3時ごろまで曲を聴いて、寝ると・・・

好きなメタルバンドのメンバーとお話をする夢を久々に見ました。泣。。。

次はなんのライブに行こうかな。好きなジャンルがあんまり北米・カナダに来なくて泣ける。メキシコか、ヨーロッパか・・・。

語彙不足とまだ余韻が冷めぬ中の気持ち悪い文章失礼しました。


最後まで読んでいただきありがとうございました♪
ブログ村への投票や、SNSのフォローよろしくお願いします

Instagram:@azusa_1111_
Twitter     :@azusatraveler
ブログ村  :にほんブログ村

Translate »