2016中央アジアの旅

【2016中央アジアの旅】タシケントでの思い出〜ホステルで出会った人々

こんにちは、AZUSAです。
2016年、大学4年生の頃に訪れた中央アジアについて書いています。
ここでは、タシケントの素敵な思い出について・・・ホステルで出会った人と、クラブに行ったり、街歩きしたり、料理したりといろんな人との交流が印象的でした。

○日程
2016/9/10:成田→仁川(韓国)→アスタナ(カザフスタン)
2016/9/13~14:アスタナ→アルマティ by夜行列車(12hour)
2016/9/19アルマティ→シムケント byミニバス
2016/9/21シムケント→サマルカンド(ウズベキスタン) byタクシー viaタシケント
2016/9/23サマルカンド→ブハラ byタクシー viaナボイ
2016/9/25ブハラ→タシケント by飛行機
2016/9/27タシケント→仁川→成田

宿泊したホステル

art hostel 当時の外観

タシケントで宿泊したのは、「art hostel」というホステル。
booking.comの情報によれば、タシケントで初めてのホステルらしく、地下鉄も近く交通の便も良いし、当時はホステルのスタッフが宿泊客を連れてクラブへ行ったりととてもフレンドリーな場所でした。

art hostel ホステル前の看板

このホステルで、前の記事の日本人の旅行者にも出会いましたし、

【2016中央アジアの旅】ウズベキスタンの首都サマルカンド〜青いドームの市場 チョルスー・バザール巡りこんにちは、AZUSAです。 2016年に行った中央アジアをめぐる旅について書いています。 ブハラの次は、今回の旅の最後の地、ウ...

他にもさまざまな素敵な出会いや体験、気づきがありました。
この記事ではそれらを少しご紹介しようと思います。

ホステルの人々とクラブへ!

とある日、ホステルのスタッフと宿泊客で集まって、クラブへ行くことになりました。
ホステルのスタッフは着飾ったりしていたのですが、宿泊客はTシャツにパンツのラフな出で立ち。

タシケントのクラブ

お酒を飲んで、踊って、楽しかったなー。
こう言う場所にきて、普通の人の暮らしのようなものを体験すると、ウズベキスタンに住む人々も私たちと変わらない普通の人なんだな、と言うのが実感できますよね。

パキスタンの人たちと料理

ホステルには、パキスタン人のグループが宿泊していました。
聞くと、パキスタンからヨーロッパに行くためのビザ取得のため、皆一旦ウズベキスタンに来るんだそう。ホステルには「単なる旅行」ではない人も泊まっていることがあり、彼らとの交流で国際事情を身近に感じたりします。

彼らがキッチンでパキスタン料理を作っていたので、私も混ぜてもらいました。

ホステルでの食卓

ナンと、スメタナ(サワークリーム)と、スパイスをたっぷり使ったドライカレー。
ウズベキスタンで手に入る食材を組み合わせた、パキスタン料理です。
ピリッと辛くて美味しかった!

彼らの一人と今でもFacebookがつながっていますが、これ以降ラトビアのリガなど、ヨーロッパ各地の写真を投稿しているのを見かけます。ずっとヨーロッパに住んでいるのかな。

パキスタンの人たちと街歩き

一緒に料理をして仲良くなったパキスタンの人たち。
時間があったので、少し街歩きしました。

タシケント街歩き
タシケント街歩き

騙されたり、ストーカーみたいな行為をしてきた人もいたけれど、そうじゃない良い人もいっぱいいて、それは日本も外国でも同じなんだなー、と、中央アジアの旅を通して感じました。

これで一旦、中央アジアの旅は終わり。

ホステルから空港へ、タクシーで向かう

その後中央アジアが好きになりすぎて、大学4年生と言う時間のある期間を活かして、また中央アジアに舞い戻ることになります。

(ウズベキスタンは「もうこりごり」な気持ちだったので、次回はカザフスタン・キルギスを訪れます)

二度目の中央アジアの旅についても、今後書いていこうと思います。
最後まで読んでくださりありがとうございました!


最後まで読んでいただきありがとうございました♪
ブログ村への投票や、SNSのフォローよろしくお願いします

Instagram:@azusa_1111_
Twitter     :@azusatraveler
ブログ村  :にほんブログ村