2018~2019 長期一人旅

【インド/ゴア】ゴアでの出会いと思い出

2019年春のインド旅行。当時あまりマメにブログを更新することができず、書いていないことが色々あるので、ボチボチと書いていこうと思っています。

前回の記事に引き続き、今回もゴアについて書いていきます。
インドでは、信心深い人が多いからか?不思議な出会いがたくさん起こる気がしていましたが、今回もそんな不思議な、偶然の出会いと、彼らとの思い出について。

ゴア行きの鉄道での出会い

ゴア 鉄道駅

私にとって、初めての一人インド、初めてのインド鉄道旅。
ドキドキしながら、乗車車両を探していると、
韓国人女性と、インド人男性の2人組に出会いました。

なぜかこの日はかなり心細い心境で、正直ゴアにも行きたくなかった・・・。
そんな中、アジア人顔をしている女性がいたので、
まさか!と思って神にもすがる思いで「アーユージャパニーズ?」と
私から声をかけたんだっけ・・・

声をかけてみると、その女性は韓国人で、
ヨガをしにインドへ来ている、とのこと。
一緒にいるインド人男性は、この辺りではあまり見かけない顔立ち。
聞けば、インドの北の北、ヒマーチャル・プラデーシュ州出身で、
シーズン中はゴアで働いているんだとか。

2人は私が乗る車両を一緒に探してくれ、
「またゴアで会おう!」と別れました。

コーチン〜ゴア 車窓の風景

列車は夜出発し、朝、ゴアの駅に到着。
喧騒の中、なんとまたあの2人組に再開!
「どこへ行くの?」「途中まで一緒だから、一緒に行こう!」
と、ローカルバスで途中まで一緒に行ってくれたのです・・・。

ゴア Panajiバスステーションゴア Panajiバスステーション

別れる際も、「私たちはこのビーチに滞在するから、また連絡してね!」と連絡先を交換。
ゴアのことを何も知らなかった私は、
きっとこの人たちに会えていなかったら、
これほどゴアをエンジョイすることはできなかったでしょう。
嬉しい出会いでした。

アンジュナ・ビーチで再会&新たな出会い

北部ゴアでの数日間の滞在の間も、連絡を取り合っていた私たち。
アンジュナ・ビーチで再会することになりました。

なんとアンジュナ・ビーチで予約していたホステルを一緒に探してくれたり、
もー、ほんと、親切にしてくれて・・・。
チェックイン後、一緒にビーチへ行きブラブラしていると、
とある海に面したバーにアジア人顔をしている男性を発見。

「あれ、日本人じゃない?」と韓国人女性が。
ちょっと勇気を出して(この時は旅の間そこまで図々しくなかった笑)、
「日本人ですか?」と声をかけてみると、なんと日本人!
会社の休暇を使ってインド一人旅をしているらしい。
この4人でご飯を食べに行くことに。

ゴアで出会った人々とディナー
ゴアで出会った皆と

一人で歩くのがちょっと怖い夜も、みんなで出歩けば(そこまで)怖くないので、
夜ブラブラしたり、お酒を飲んだりと楽しい体験でした!

ゴアでキングフィッシャー

みんなでバスステーションへ、移動と別れ

翌日。アンジュナビーチを早々に脱出する私たち。
韓国人女性は帰国、日本人男性は別の都市へ夜行バスで移動。
私はもう少しゴアを満喫するため、
ヒマーチャル出身男性が働く、アゴンダビーチへ行くことにしました。
途中のPanajiというバスステーションまでは同じなので、4人で向かうことに・・・。

アンジュナビーチからのローカルバス

バスステーションでは、
韓国人女性の、空港に行く時間と、
日本人男性の夜行バスの時間まで時間があったので、
大きな荷物は駅に預け、近くのショッピングモールへ。

ゴア Panaji駅の荷物預かり所

インドの駅にはこのような荷物を預ける場所があるところが多いので、
時間があってちょっと出歩きたい・・・なんて時にかなりオススメです。

オートでショッピングモールへ

ショッピングモールでは、なぜかフードコートでKFCを食べました。
(この頃はまだベジタリアンではなかったので!)

その後、時間が来て2人と別れ・・・
私は、ヒマーチャル出身の男性が働いているというアゴンダ・ビーチへ。

アゴンダ・ビーチへ

ヒマーチャル出身の男性、
ヒマーチャル・プラデーシュ州が観光シーズンの際はヒマーチャル・プラデーシュ州でガイドとして、ゴアが観光シーズンの際はゴアのアゴンダ・ビーチで働いているらしい。
彼の働く良い感じのホテルに、少しディスカウント料金で泊めてもらいました。

波の音が聞こえるビーチのすぐ横のホテルで、
ホテル内の庭園はたくさんの木々や花々が茂り、リラックスできる空間。
聞けば、毎年リピートで来る西洋からのお客さんも多いんだとか。

夕日がアラビア海に沈むのを眺めたり、
隣のビーチまで足を伸ばしたり、ローカル軽食のお店に連れて行ってもらったり、
なんと私の希望でインド人富裕層(!?)の多い浜辺のクラブに連れてってもらったりと
なかなか一人ではできない体験をさせてもらいました。
感謝です。

アゴンダビーチ近くのローカルレストラン

さいごに

私にとって、その場所の思い出は、出会った人と結びついて心に残っています。
ゴアはとても良い出会いがあり、インドへ行ったらまた訪れたい場所の一つになりました。
それと同時に、出会った人から受けたさまざまな親切を忘れずに
私も他の人に親切にしたい、と思うのでした。